Q&A – テキストについて

バック・トゥ・ベーシックスのテキスト(書籍)について寄せられた質問と、それに対する回答です。ご参考までに。

バック・トゥ・ベーシックスのテキスト(書籍)はどこで入手できますか?

 購入方法は、こちらのページにあります。

なぜビッグブックの引用部分がマス目になっているのですか?

 バック・トゥ・ベーシックスの原著(英語版)には、英語版ビッグブックからの引用が大量に含まれています。これが許されているのは、1939年に出版された英語版ビッグブックの著作権が消滅しており、公有物として誰でも自由に利用できるからです。

 ところが、日本語版のビッグブックの著作権はまだ有効であり、大量に引用するには権利者から許可を得なければなりません。そこでGSOに許可を求めたのですがが、顧問弁護士からの返答は「大量の引用は許可しない方針だから」という理由でのお断りでした。そこで、ワリー氏と相談の上、引用部にはマス目を掲載して、その部分を読者に転記してもらう仕組みを取りました。マス目方式については、ワリー氏からも、GSOからも「良いアイデアだ」という評価がありました。

 もちろん、引用部以外の部分についてはオフィスは「承認も反対もしない」という姿勢を貫いています。

 引用部の扱いについては、テキストのp.vi~viiページに説明があります(ビッグブックからの引用部について [PDF])。

引用部のマス目の数が合っていないところありますが?

 ミスがあり、マス目の数が合っていない箇所があることをお詫び申し上げます。正誤表を掲載しているので、参照してください。

テキストの表紙はなぜあのような奇抜な色なのですか?

 ビッグブックの初版のカバーは、このようなものでした。

ビッグブック初版

 1940~50年代のビギナーズ・ミーティングに参加する人たちが使っていたビッグブックはこのようなデザインでした。その当時へのリスペクトをこめて、バック・トゥ・ベーシックスのテキストの表紙のデザインに採用させていただきました。

巻末の「配付資料」をコピーして配っても良いでしょうか?

 巻末の「配付資料」(全11ページ)は、セッションの参加者にコピーして配っていただいてかまいません。

2019-03-31