Q&A – その他

バック・トゥ・ベーシックスはAA評議会の承認を受けたものですか?

 AAの評議会は(アメリカの評議会も、日本の評議会も)、特定のミーティングのやり方を「承認」したことはありませんし、今後もすることはないでしょう。なぜなら、どれかを「承認」してしまうと、他のやり方が非承認という印象を与えてしまうからです。ミーティングのやり方は伝統4に従って各グループが主体的に決めていくものです。評議会は政府の役をする機関ではありません。他者の承認を気にするのではなく、自分たちの主体的な意志決定を大事にするべきでしょう。

バック・トゥ・ベーシックスは12の伝統に反すると言う人がいますが?

 アメリカでは約10万人のAAメンバーがバック・トゥ・ベーシックスに参加しています。だがそれでもAA全体から見れば数パーセントに過ぎません。日本では一握りの人たちしか経験していません。ですから、大多数のAAメンバーはバック・トゥ・ベーシックスのことをまったく知らないか、名前だけでその実体を知りません。知らないままに、伝統に反しているという意見を持つ人もいますし、不寛容な批判が存在するとも聞いています。

 バック・トゥ・ベーシックスが12ステップの「唯一の正しい」やり方だと主張するつもりはありません。12ステップにはいろいろなやり方があり、どれが正しく、どれが間違っているというものではありません。一人ひとりが自由に解釈するものです。なぜなら12ステップはルールではなく霊的な原理だからです。そして、12の伝統も同じく霊的な原理であり、一人ひとりが自由に解釈していいものです。だから、バック・トゥ・ベーシックスが12の伝統に反すると考える人がいたとしても、それはその人の自由です。一方、伝統に沿ったものだ、と考えている人たちもたくさんいるからこそ、多くのAAメンバーが参加しているのです。

 バック・トゥ・ベーシックスの英語版のサイトには、バック・トゥ・ベーシックスを行うAAグループ向けのガイドラインが掲載されています。

 そこでは、「私たちは12の伝統すべてを実践する」と明言しています。

 大事なことは、あなた自身がどう考えるかです。そのためには、あなた自身が12のステップ、12の伝統、そしてバック・トゥ・ベーシックスについて知ることが大切です。

テキストのp.26~27に出てくる『リトル・レッド・ブック』とはどんな本ですか?

 バリー・Cとエド・Wという二人のAAメンバーが行った12ステップの講義を小冊子にしたものです。二人はこの本の出版を20年以上続けましたが、その後はヘイゼルデンが引き継いで改訂版を出しています。三十数年前にピーター神父が翻訳をしたものが出回ったようですが、絶版となり、いまは入手できません。

 同じ著者の書いた『スツールと酒ビン』という小冊子は、日本語訳がジャパンマックから出版されています(1,000円)。こちらはステップ1~5の説明になっています。

 どちらの本も、ビギナーに12ステップを伝える講義(これもビギナーズ・ミーティング)を本にしたものです。

2019-09-25