分かち合い「12ステップを生きられるように」

アディクション・セミナー in YOKOHAMAの資料集(に掲載した「B2Bを体験した人たちの分かち合い」、三人目は2018年の資料集からACのYさんです。

 私はACなので、ACの自助グループに何年も通っているのですが、12ステップの全体像や12ステップとは何かということが分からずにいました。仲間から12ステップをした方が回復が早いと聞いていましたが、12ステップはスポンサーと一緒に取り組まないといけないという思い込みがありました。

 そんな時に横浜アディクションセミナーに参加してBack to Basicsの存在を知りました。そして後日一日で12ステップを終えられるというOne Day Back to Basicsがあることを知り、半信半疑でしたが、参加することにしました。一日で12ステップを終えましたが、一日だけではわからないことが多かった為、毎週火曜日に板橋でBack to Basicsのミーティングが行われていることを知り、通うことにしました。

 ありがたいことにBack to Basicsはシェアリング・パートナーと組んで行うので、スポンサーがいない私もステップ4の棚卸表を書くのを手助けして頂いたり、質問に答えて頂いたりできて、助けられました。

 板橋のミーティングに通ううちに、不思議と心身共に軽くなったことに気付きました。最初は気のせいかなと思っていましたが、毎回次の日には体調が良い為、やはり12ステップの効果が出ているのかなと勝手に思っています。それに、次第にACの自助グループのテキストの内容の理解も深まっていったことが、とてもよかったと思いました。

 板橋のミーティングに通ううちに、Back to Basicsはまだ関西ではあまり知られていないことを知り、いずれは私の出身地である大阪でもミーティングが出来たらいいなと思っていました。

 通い始めて3ヶ月位たった頃に、仲間から「One Day Back to Basicsを大阪で開催しましょう」と声をかけて頂き、11月に無事大阪で開催することができました。

 大阪の会場で私は案内役だったので、一番後ろの出入り口の席に座って、全体の様子を見ることが出来ました。関西の参加者の皆さんが真剣に取り組んでいる姿を見ることができ、そして終了後に参加者の方から今後も大阪でBack to Basicsを続けていってほしいとの意見を頂き、今回大阪でBack to Basicsを開催することができて、心の底からよかったなと思いました。そしてBack to Basicsを通して、関東と関西の仲間と一緒に楽しみながら企画したり、準備したりすることに歓びを感じることができました。人と協力して物事に取り組むということが素晴らしいと思える貴重な経験をさせて頂いたなと思いました。以前の自分には出来なかったことです。今後も出来るだけ多くの仲間にBack to Basicsを知ってもらえるようにしていきたいです。

 「私たちはステップを踏むのではありません。毎日ステップを生きるのです」「解決はある」という言葉が印象に残っています。私にとって12ステップはまだまだ分からないことも多く勉強中です。12ステップを生きられるように、今後も続けていきたいです。

AC Y

体験記